脂っぽい頭皮 シャンプー

脂っぽい頭皮【改善したいならシャンプー選びが重要】

頭皮は清潔さを保つためにも、また正常に毛髪を育てるためにもしっかりとケアをしておきたいところですが、皮脂が多く分泌されて脂っぽいと感じることが往々にしてあります。
皮脂は少量が分泌されることで肌の保湿力を保ち水分の蒸発を防ぐことができるのですが、過剰に分泌された場合には脂っぽい感触だけでなく毛髪に悪影響を与えて抜け毛が増えることもありますので、男女問わず脱毛が生じる原因になることがあります。

 

では皮脂が多い頭皮はどのようにして抜け毛が生じるのでしょうか、原因としては毛髪の根本にある毛穴に油分が詰まる点が挙げられ、詰まった油分は酸化すると共に過酸化物質になるのに加えて毛穴内部では雑菌が繁殖することになり、双方の悪影響で毛穴内部は炎症をひきおこすことになります。
炎症により毛髪を支える部分が大きなダメージを受ける事になり、髪が正常に成長せずに痩せ細り、力を失い抜け落ちることになります。
油分の詰まりにより引き起こされる炎症は脂漏性皮膚炎と呼ばれ、また脂漏性皮膚炎により引き起こされた抜け毛の症状は粃糠性脱毛症と呼ばれているのですが、こうした症状に対しては単純に皮脂をしっかり落とし切ればよいわけではなく、対応を間違えるとさらに症状が悪化する危険性があります。
肌は必要以上に油分がとられた場合にこれまで以上に大量に油分を分泌することになりますので、せっかく洗ったにもかかわらず再び頭皮に脂っぽさを感じることがあるのです。

 

こうした時の対応としては、洗髪の際に必要以上に皮脂を落とすのではなく少なからず残しておくことが非常に重要になり、肌や髪に優しく程よい洗浄力があるアミノ酸系シャンプーのラフィーシャンプーを使用すると、脂っぽい頭皮を改善すると共に抜け毛の改善にも一定の効果をもたらします。
一般的にベタつきがあったときには洗浄力が高いシャンプーを選ぶものですが、それでは一時的な効果しか得られないうえに症状を悪化させる可能性もありますので、根本的な改善を目指す場合にはラフィーシャンプーのようにアミノ酸系の製品を選ぶことが大きなポイントになります。

 

 

 

 

オーロラシャンプーの口コミ・評価を徹底検証!【サンプルGET】